ブライトエイジとサエル比較

ブライトエイジもサエルも美白や乾燥が気になる女性のための、化粧品メーカーです。エイジングケアをして、大人の女性の肌が元気になるようにサポートをしていきます。ブライトエイジサエルの特徴とはどのような感じなのでしょうか。

ブライトエイジの特徴

ブライトエイジの特徴
ブライトエイジは薬品会社として有名な第一三共が商品を作っています。

第一三共が作っているオリジナル成分のトラネキサム酸は肌に起こる炎症や美白をサポートしていきます。

具体的には、肌が炎症するときに発生するトリプターゼをトラネキサム酸がブロックします。

トリプダーゼとはハリの低下、乾燥、くすみの発生の原因となる成分です。

また製薬会社がつくったナノフィーユミセルが、ハリ美白高保湿に必要な成分を肌の奥まで届けてくれます。

そのあと3Dストレッチネットが、クロス状バリア膜となって、成分を逃さないようにします。

製薬会社ならでは技術が化粧品制作に生かされています。また美容成分と相性が良い超純水を使用しています。

超純水は育成するための機械を使いこなすのに技術が必要なため、使っている会社はほとんどありません。

超純水は、細菌や塵などを取り除いた水分で、水自体にほとんど何も入っていないので、美容成分と相性が良いのです。

そして、第一三共は総合風邪薬のルルや鎮痛剤のロキソニンを製造している、大手製薬会社です。

サエルの特徴

サエルの特徴
サエルは、フェイシャルで身近な存在となっているPOLAと、無添加で肌に優しく通販販売もおこなっているオルビスが共同開発しているディセンシアのさらに薬用美白にこだわったメーカーです。

これだけで肌に優しく、技術も本物ということから、その実力を感じることができます。サエルはディセンシア独自処方のホワイトサイクルシステムがあります。

敏感肌とシミのケア、乾燥によるくすみのケアを一緒にしていきます。

敏感肌のケアには、ヴァイタサイクルヴェールという外部刺激をサポートしながらバリア機能をサポートして、必要成分をラップのように包み込み、潤いを閉じ込め水分を逃しません。

またアドバンスメラノキャッチ処方が、メラニンを作らせない、黒くさせないように働いていきます。

ディセンシアオリジナル成分のストレスバリアコンプレックスCLがあり、パルマリンが健やかで美しい各層を作り、ジンセンXが肌本来の力をサポート、ムラサキシキブエキスが透明感とエイジレスな肌を目指していきます。

また使い心地が良いように、ローズとローズマリーの香りを配合しています。毎日のお手入れが楽しくなってきます。

大手製薬会社と化粧品メーカーが製作している化粧品

大手製薬会社と化粧品メーカーが製作している化粧品
ブライトエイジは大手製薬会社の第一三共が制作している化粧品であり、サエルはPOLAとオルビスから生まれたブランドの化粧品となっており、実績もあり名が知れています。

その技術は本物であり、化粧品づくりに生かされていますので、説得力もあり効能もあるといえそうです。

ブライトエイジとサエルは、美白はしみシワなど気にある年齢を重ねた女性の肌に対して、エイジングケアのお手伝いをしてくれる化粧品と言えそうです。

それぞれ製作しているところが大手の会社となり、独自の技術を生かしながら、他の会社ではなかなかマネすることができない独自の成分を入れることにより、化粧品が制作されています。

まとめ

まとめ
それぞれにトライアルセットが販売されており、1500円程度のものですので、安価で購入しやすくお試しもしやすいです。

トライアルセットもたっぷり10日分使うことができますので、しっかり試すことができそうです。

大手会社の技術やオリジナル成分の実力を感じながら、気になる人ぜひ一度試してみると良いですね。

【安全安心美白訴求】サエルトライアルセット